に投稿 コメントを残す

知らず知らずのうちに家事ハラしてませんか!?

こんにちは、ゆーこです。

先日、大きい梨をいただきました。みずみずしくて、甘くてとっても美味しかったです😍

もう朝晩も涼しいですし、秋を感じますよね。

さて、今回は「家事ハラスメント」のテーマでお話させていただきます。

主婦の方は知らず知らずのうちにやりがちかなと思います。もちろん私もですが😖

夫婦関係の悪化を防ぐためにも大事なテーマだと思いますので、まずはこういうハラスメントもあるのかと思っていただけるといいのかなと思います。

家事ハラスメント(家事ハラ)とは

「家事ハラ」とは、あまり家事が得意ではないパートナーが家事をした時に、ダメ出しをしてしまうことを指します。

(本来は和光大学教授・竹信美恵子先生の著書「家事労働ハラスメント」からの家事労働を軽視する社会の風潮を表す造語として生まれたようです)

よくありがちなことを例にあげると、

洗い物なら、「汚れが落ちてないよ! もう一回洗って😠」とか、

洗濯の干し方、たたみ方なら「干し方が違う!」「このたたみ方だとしわになる!」とか、

掃除や料理、スーパーでの買い出し、子育てのことのことをぐちぐち文句をいってくるなどです...

一生懸命やっても、思いやりがない言い方やダメ出しだとやる気が無くなるのは当然のことですよね😅

私が全部家事・子育てを何年もしていたし、自分流というこだわりも強かったので、主人には思いやりのある言葉をかけてあげれなかったと反省しています。

ただ、日々の忙しさで心に余裕がなかったのも事実です...

家事を手伝うという発想をやめてみよう!

こういった「家事ハラ」をなくす対処方法4選をあげさせていただきます。

1.女性も同じように働いている家庭がほとんどなので、手伝うということはやめて、出来る家事や育児は積極的に参加してもらうように伝えてみる。

2.普段から「ありがとう」の感謝を伝える。

3.自分流を相手に押し付けるのでもなく、完璧主義をやめてみる。

4.お互いが行った家事について否定しない。私はこれが一番効果があるかなと感じます😊

日々の忙しさ、家事が得意・不得意いろいろありますが、やはり自分が言われて嫌なことは言わないように心掛けていきたいですよね。

今回も最後まで読んでくださってありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です